早漏と私とプリリジー

早漏と私とプリリジー

プリリジーという早漏改善治療薬をご存知ですか?早漏であると妻に宣告され、絶望状態にいた私が臨時収入でひっそり購入し、早漏を改善できました。そこで得た経験や体感。気になる副作用なんかをご紹介していきます。早漏改善の手助けになれば幸いです。

プリリジーという治療薬を選んだ理由

男性の悩みの中で多いのが、早漏症です。
早漏症がコンプレックスとなっている人も少なくないです。
早漏症の治療というと、昔は行動療法が代表的な治療方法でした。
行動療法では、陰茎に刺激を与え、刺激によって射精しそうになると我慢します。
このパターンを繰り返して行うと、射精をコントロールできるようになるというのが行動療法の考え方です。
早漏症は、泌尿器系の病気が原因である場合もあるので、注意が必要です。
また、若い人であれば、性行為の経験不足も早漏症の原因となることがあります。
最近では、早漏症の治療薬も登場しています。
よく知られている治療薬が、プリリジーです。
プリリジーを選んで治療を行っている早漏症の患者は、世界中にいます。
プリリジーは、60カ国以上の国で認可され、多くの男性に支持されています。
プリリジーの成分であるダポキセチンは、セロトニンの濃度を高めてノルアドレナリンの分泌が増えないようにします。
ノルアドレナリンの分泌が抑えられることで、脳の興奮にブレーキがかかり、射精するまでの持続時間が長くなるのです。
ダポキセチンの効果には個人差がありますが、アメリカの臨床研究では、パートナーの満足度が2倍になっています。
高い早漏改善率を知り、プリリジーを選んだという男性は多いです。
プリリジーは、性交渉を行う1時間前に服用します。
薬の効果を感じられなかった場合は、24時間につき2錠までは服用することが可能となっています。
プリリジーは、副作用が少ないと言われている治療薬ですが、まれに頭痛やめまい、蕁麻疹などの症状が出る場合があります。
プリリジーを服用して体に何らかの異常が出た場合は、服用を中止して、すぐに医師の診断を受けることが大事です。