早漏と私とプリリジー

プリリジーという早漏改善治療薬をご存知ですか?早漏であると妻に宣告され、絶望状態にいた私が臨時収入でひっそり購入し、早漏を改善できました。そこで得た経験や体感。気になる副作用なんかをご紹介していきます。早漏改善の手助けになれば幸いです。

キシロカインゼリーはプリリジーとは用途が違う

 キシロカインゼリーとは一時的に神経を麻痺させ痛みを感じなくする麻酔薬のことを指しています。主にキシロカインゼリーは尿道に麻酔を打つときや気管内挿管などの処置を行うときなどに使用します。即効性が早いことが特徴で、様々な部位に使用できるという優れた点があるため局所麻酔薬として広く使用されています。使い方としては、皮膚の表面に適量を塗るだけです。ですので、やりかたとしては簡単です。持続性については、約3時間くらいまでは効果が持続します。
 キシロカインゼリーは早漏の改善に用いることもあり実践している人も中にはいます。ただ、早漏の改善に用いる薬ではありませんので塗りすぎると早漏の改善どころか一時的にEDになってしまう可能性もありますので注意します。
 塗る際にはあまり多く塗らないようにしなければなりません。医療機関においては、キシロカインゼリーをあまり処方されることがありませんので実際のところ早漏の改善薬としての効果がどれだけあるのかは不透明といえます。ですので、もしも早漏に対する悩みを持っている人が利用するのであれば、飲み薬として定着しているプリリジーなどを使ったほうがよいでしょう。
 プリリジーは飲むことで効果を発揮する早漏改善薬です。キシロカインゼリーについては早漏治療に関しては取り扱いがやや難しい面もありますが、プリリジーは早漏改善に特化した薬で即効性は高くさらに持続性も長いという便利な点から幅広い男性世代に人気があります。
 プリリジーはほかの成分があまり入っていないため、副作用が少ないことがメリットです。キシロカインゼリーのほうも外用薬のため副作用についてはあまり気にする必要はありません。しかし、根本的な使い方についてはそれぞれ違うという点は充分に理解しておきます。