早漏と私とプリリジー

プリリジーという早漏改善治療薬をご存知ですか?早漏であると妻に宣告され、絶望状態にいた私が臨時収入でひっそり購入し、早漏を改善できました。そこで得た経験や体感。気になる副作用なんかをご紹介していきます。早漏改善の手助けになれば幸いです。

塩酸ジブカインより精神の興奮を鎮めるプリリジー

早漏に悩んで対策を講じている男性は少なくありません。簡単にできる対策として局部に塩酸ジブカインを付けるという方法があります。この成分には麻酔効果があるため、亀頭に付けることで感覚を鈍らせて射精までの時間を長くできるのです。ただ、亀頭を露出できない真性包茎の方はそもそも無理ですし、局部にそういった物質を塗布すること自体に抵抗を感じる男性も多いでしょう。それでも早漏をどうにかしたい、そんな方におすすめがプリリジーという薬です。
こちらは外から塗るのではなく、内服薬として飲むことで早漏を防止できる薬です。その仕組みは興奮を抑えることにあります。早漏の原因は興奮しすぎることです。過度な興奮によって局部が敏感に反応して早く射精してしまうのです。これでは自分でも達成感が少ないでしょうし、パートナーも満足とは言えないでしょう。プリリジーには興奮を鎮めるセロトニンという脳内神経伝達物質の濃度を濃くする効果があります。服用によってセロトニンの濃度が高まることで、興奮が適度に治まり、射精までの時間が延長、達成感を得られるというわけです。
プリリジーは日本ではまだ未認可ですが、世界の10数か国では早漏治療薬として認可されていますし、重篤な副作用の心配もないと証明されています。それに元々はうつ病の治療薬として用いられてきたので、落ち込んでいる精神を正常に戻すなど、精神衛生の管理にももってこいな安全な薬なのです。
飲み方としては、行為の1から3時間前の服用が望ましいです。食前や食後などの決まりはないのでいつでも飲めるは嬉しい点です。それに万が一飲んだ後に行為に至らなくても、バイアグラのように立ったままになって大変ということはなく、精神が落ち着くだけなので特に問題もありません。